大阪の任意売却 住宅ローンレスキュー隊|友進ライフパートナー


Warning: Use of undefined constant bwt - assumed 'bwt' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web09/2/9/0231692000/www.yuushin-rescue.jp/blog/wp-content/themes/0266/functions.php on line 76
2020年9月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー

任意売却の訪問業者について

住宅ローンの支払いや滞納等でとても困っている相談者の心の隙を巧みに突こうとする、訪問業者の悪行について、最近の事例をご紹介いたします。

 

ある相談者が弊社に訪れたのは滞納が6ヶ月を過ぎ、債権者から競売の申立てをされてしまった状態でした。

半月でも早く相談があれば、競売の申立てを回避することができたかもしれませんが、後戻りもできないので、期間入札開始まで任意売却を進めることになりました。

 

競売開始決定後は、裁判所に配当要求の抗告がされるので、それを見た業者が自宅に訪問してきます。

既に任意売却の手続きを進めているにもかかわらず、自分たちにまかせてほしいと訪問業者は必死になってくらいついてくるようです。

 

その時に訪問業者が発した言葉が信じられないくらい行儀が悪いのです。

「近日中に裁判所から、現況調査と評価のため、執行官と鑑定士が来ますので、その際にできるだけ家の中を散らかしてください。それと配管や設備の不良個所などもなくてもあるように言ってください。冬場は結露が酷いなど、できるだけ評価を下げるためにあることないこと伝えてください。」

「評価が下がれば、その分買い取り額との差額として、引越し代を70万円お支払します。」

と平気で言うそうです。

 

評価が下がればその分安く処分されて、その分残債が多く残ります。

それと債権者も裁判所もそのあたりのことは心得ていますので、ヒアリングだけで極端に評価が下がることなどありません。

最近では執行官が、相談者に対して、行儀の悪い訪問業者が多いので気をつけるよう注意を促すぐらいです。

 

訪問業者も、宅地建物取引業の免許を取得して経営しているはずです。

 

自分たちの悪行がどれほど相談者の気持ちを不安にさせ、評価額をコントロールするなど、宅建業法に抵触している自覚が乏しいと思います。

 

最近は、債権者も行儀の悪い業者を排除する傾向が強くなっていますが、これに引っかかると振り回された挙句に、競売になってしまい、家を取られるとともに精神的なダメージを受けることになります。

 

すべての案件が任意売却できるわけではありませんが、自分たちの利益を優先してこれ以上相談者の気持ちをもてあそぶのは、いい加減にしてほしいと思います。

 

嘘をついてまで評価額をコントロールするようなことを会社ぐるみでやっているとは思いたくありませんが、社員がどんな言動をしているのかを注意しないと行政処分の対象にもなるような行為だけに、経営者・経営幹部の方も気をつけるべきです。

 

特にフルコミションで訪問している営業も多いと聞きますので、やりたい放題にさせず、法令を順守するよう教育指導を徹底すべきだと感じております。

 

おなじような経験をした方がとても増えてきましたので、引越し代70万円に目をくらまさない様に気をつけてください。

 

住宅ローンの滞納や支払いでお困りごとがありましたら、弊社になんでも相談してください。